営業職からMRへの転職を考えているみなさんへ!
MRという仕事
製薬企業各社の求人情報
製薬業界の団体である公益財団保人MR認定センターによれば、MR(Medical Representatives)とは「医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報(医薬品およびその関連情報)を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、そして使用された医薬品の有効性情報(効き目や効果的な使い方)や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して企業に報告すること、そして医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバック(伝達)することなどを主な業務」とする職種を指すとしています。

MRは薬物治療のパートナー
MR認定センターの公式な定義を簡潔に表現すれば、MRとは「医師の薬物治療のパートナー」と言えます。そのためMRは「MR認定試験」という製薬業界が独自に制定した認定試験に合格できるだけの専門知識が求められます。この試験はMRに転職した後に、数百時間におよぶ基礎教育を受けたることで受検資格を得られます。さらに試験に合格した後、半年にわたるMRとしての実務経験によって「MR認定資格」を得ることができます。その上、資格取得後も5年毎に更新が必要で、更新のためには毎年一定時間数の「継続教育」を受けなければなりません。こうした厳しい専門教育によって、はじめて医師の薬物治療のパートナーとして活躍できるのです。

製薬会社の営業担当者
MRには上記のように医師の薬物治療パートナーとして医療に貢献するという役割と同時に、製薬会社の営業担当者として自社の薬剤を普及させるという使命を負っています。多くの場合、同じ効能・効果のある医療用医薬品は複数の会社が販売しています。そのため製品の差別化が難しく、競合する製薬会社のMRどうしは熾烈な競争に打ち勝つことが求められます。ただ、医薬品はメーカーである製薬会社から医薬品の卸会社を経て医療機関に販売されるため、メーカーである製薬会社は独占禁止法の定めにより医療機関への売価を決められません。従ってMRは「値引き」という手段を使えないため、そのことが競合対策をいっそう難しいものにしています。

MRの営業活動には制約が多い
MRには値引きという手段が使えない他にも様々な制約があります。ひとつは厳しい倫理規定です。かつて制約業界では接待が横行していた時期があり、そのことに対する内外からの厳しい批判を受けて、今では逆に他の業界に見られないほど接待などに対する規制が強くなっています。

また、病院でMRがドクターと面談するために長時間廊下などでドクターが来るのを待つといったことが盛んに行われてきたため、病院側がドクターをMRが訪問できる曜日や時間帯などを厳しく制限する「訪問規制」も強化されて、MRはドクターと面談すること自体も難しくなってきています。

このようにMRの営業活動には異業種に見られない独特の制約などがあるため、異業種で営業職として高い実績を上げてきた人でも、MRとして直ちに好成績を上げることができるとは限りません。状況に応じて工夫していくことができるかどうかが、MRとして活躍できるか否かを決めると言っても過言ではありません。

先発品MRと後発品MR
同じMRであっても、先発品メーカーのMRと後発品メーカーのMR
では仕事内容も処遇面もかなり違いがありますので、MRへの転職を考える場合はこの点をよく理解して転職先を検討することが重要です。

先発品メーカーのMRは「ドクターの薬物治療のパートナー」として自社製品の効能効果や副作用情報、あるいは多剤併用の際の留意点など薬物治療に関する様々な情報をトドクターに提供しながら自社製品の普及に努めます。

一方、後発品メーカーのMRは後発品の特徴に応じた活動になります。すなわち後発品は既に多くのドクターによって長年使われてきているため、今更効果や安全性をアピールしても先発品から切り替えてはもらえないため、その特徴である「価格の安さ」をアピールして先発品からの切り替えを訴えます。後発品の場合は従来、その品質や安定供給に不安を感じている医療機関が多い為、安さと併せて品質や供給面での不安を払拭することも必要です。こうした点をアピールする相手は医療機関の経営面を担う人たちとなるため、病院では個々のドクターではなく事務長や理事長などを訪問して先発品からの切り替えを訴えることになります。但し開業医ではドクターが経営者でもありますので、先発品と同様にドクターに面談して切り替えを訴えますが、その内容は薬の効果や安全性ではなく、安さや安心感となるのは病院に対する活動と同じです。

 ジェネリ旭化成ファーマ株式会社
 あすか製薬株式会社
 アステラス製薬株式会社
 アストラゼネカ株式会社
 アッヴィ合同会社
 あゆみ製薬株式会社
 EAファーマ株式会社
 エーザイ株式会社
 MSD株式会社
 大塚製薬株式会社
 小野薬品工業株式会社
 キッセイ薬品工業株式会社
 杏林製薬株式会社
 協和発酵キリン株式会社
 グラクソ・スミスクライン株式会社
 興和株式会社
 サノフィ株式会社
 参天製薬株式会社
 株式会社三和化学研究所
 塩野義製薬株式会社
 ゼリア新薬工業株式会社
 セルジーン株式会社
 千寿製薬株式会社
 第一三共株式会社
 大正製薬株式会社
 大日本住友製薬株式会社
 武田薬品工業株式会社
 田辺三菱製薬株式会社
 中外製薬株式会社
 株式会社ツムラ
 帝人ファーマ株式会社
 トーアエイヨー株式会社
 富山化学工業株式会社
 鳥居薬品株式会社
 日本アルコン株式会社
 日本イーライリリー株式会社
 日本化薬株式会社
 日本ケミファ株式会社
 日本新薬株式会社
 日本製薬株式会社
 日本臓器製薬株式会社
 日本たばこ産業株式会社
 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
 ノバルティス ファーマ株式会社
 ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
 バイエル薬品株式会社
 バクスター株式会社
 久光製薬株式会社
 ファイザー株式会社
 藤本製薬株式会社
 扶桑薬品工業株式会社
 ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
 株式会社ポーラファルマ
 丸石製薬株式会社
 マルホ株式会社
 株式会社ミノファーゲン製薬
 Meiji Seika ファルマ株式会社
 メルクセローノ株式会社
 持田製薬株式会社
 ヤンセンファーマ株式会社
 ユーシービージャパン株式会社
 わかもと製薬株式会社
製薬業界トピックス

(2017.5.5)
EPファーマラインが未経験者向けセミナー(5月度)実施

CSO大手のEPファーマラインでは異業種のMR未経験者を対象に会社説明会を実施しています。2017年5月も東京・大阪・仙台・福岡の各会場で合計11回実施いたします。・・・続きを読む

MRへの転職ノウハウ
業種の営業職からMRに転職を希望する人は多く、製薬メーカーの正社員MRの場合の合格率は大量募集の場合でも5%程度、CSOのコントラクトMRの場合でも10数%といった狭き門です(2016年9月現在では、製薬メーカーの未経験者を対象にしたMRの大量募集は皆無といってよい状態となり、CSOによる未経験者MRの募集もかなり減少してきていますので、合格率はさらに低くなってきています)。従って、MRへの転職を希望する方は、事前の十分な対策が無ければこれまでの業界でどんなに高い営業成績を上げていてもMRへの転職は難しい状況となっています。

Read more